as~asの意味をおさえて英語の幅を広げよう!

最終更新日:

これだけ読めばas as の使い方マスター

苦手な英文法というと、多くの人が頭に浮かべるのが関係代名詞と比較表現でしょう。この2つは中学校で習う文法ですが、英語が得意でテストの点も良かったという人もこの2つの単元になると引っかかることが多いです。この記事では、そのうちの一つである比較のas~asという表現について説明をしていきます。

このasを使った構文には様々な形があるため、きちんと覚えられず曖昧なまま学習を終えている人も多いと思います。でもこのas~asは日常会話でも実はよく登場します。そのため、使えると英語の幅も広がっていきます。この記事で紹介するas asを使った例文やフレーズを参考にして、ぜひこの機会にマスターしてくださいね!

まずas~asの基本の表現をおさえよう!

  • My brother is as tall as my father.
  • Your dog is as cute as mine.

この例文でお分かりの通り、as 原級 asの意味は「~と同じくらい」という意味です。簡単ですね!比較の単元で、このas~asの他に習うのが比較級、最上級です。

比較級になるとtaller、cuter、最上級になるとtallest、cutestというように形容詞、副詞の部分の形が変化していきます。これが原級との違いです。as~asの表現を原級比較という名前で習った人もいるかもしれません。とにかくここで注意してほしいのは、asとasに挟まれる形容詞と副詞はそのままの形で使うということです。比較級や最上級にしないでくださいね!

少し応用の表現も紹介します。

  • I have as many books as he.

このパターンでは、asとasの間に名詞(books)も入っています。このように、many + 名詞をas~asの間に挟むことによって、名詞の数が同等であるという表現も可能です。ちなみに数えられない名詞が来る場合にはmanyではなくmuchを使うのでas much ○○ asとなります。後ろの名詞によってmanyとmuchは使い分けてくださいね!

not as~asの意味は?

次にas~asの文を否定文にしたパターンについて説明します。否定文というのはnotがつく文のことですね。not as ~as・・・というように否定文になると、「・・・ほど~ではない」という意味になります。今回も例文を使って確認してみましょう。

  • My brother is not as tall as my father.

お分かりいただけたでしょうか?否定文になると少し意味が変化します。これもまとめて覚えておきたい表現です。notはbe動詞(am、is、are)の後ろに置くということも気をつけてくださいね!

★A ○○ times as~as B「AはBの○○倍である」まず、「何倍~である」という表現について説明します。日本語でもよく使う表現パターンなので、英語でも使えるようにしたいところです。この「何倍」という表現にもasを使います。

  • My country is as large as your country.

これは先ほど説明した、as 原級 asの表現です。これを2倍~、3倍~と言うためには次のような形にしていきます。

  • My country is twice as large as your country.
  • My country is three times as large as your country.

このように、as~asの前にtwiceやthree timesなどの語句を入れることで「何倍」という表現をすることができます。

注意してほしいのは、2倍のみtwiceという単語を使い、3倍以上は○○ timesという表現を使います。ちなみに「~の半分」という表現も同じ形を用いて表すことができます。

  • My country is half as large as your country.

これも同じく「半分」という意味のhalfという単語を、as~asの前に置くだけで完了です。単語の位置をミスする人が多いので、きちんとおさえておきたいところです。

★as~as any (other) 単数形「どの・・・にも劣らず~」

  • He studies as hard as any other student in this class.

「どの・・・と比べても程度が劣らない」ということを示す場合に使う表現です。意味としては最上級に近いですが、「最も~である」とは限らないので、程度を強調する表現であると考えるといいかもしれません。any (other)の後ろの名詞は単数形になるので注意してくださいね!

★as~ a(an) 名詞 as ever・・・「これまで・・・しただれ(何)にも劣らず~」

これも同じく最上級に近い意味ですが、あくまでも原級を使った比較表現です。a(an)の位置をミスする人が多いので注意してください!

★as~as possible (as one can)「できるだけ~」

I’ll answer your e-mail as soon as possible.
=I’ll answer your e-mail as soon as I can.
(できるだけ早くあなたのメールに返事します)

これは頻出表現なので、見たことある方も多いと思います。「できるだけ~」と言いたい時にもasを使います。as possibleの部分は時制の変化を受けませんが、as one canは時制や主語によって変わるので注意が必要です。ネイティブも日常会話でよく使う表現なので、これがさらっと言えるとかっこいいです。as soon as possibleはASAPという略語があるほどで、メールやSNSでも使えます。

★not so much A as B「AというよりはむしろB」

この文で気をつけるべき点は訳す順番です。「ジャーナリストというよりはむしろ学者だ」としてしまうと正反対の文になるので、必ずso muchの後ろの名詞から先に訳すようにしてください。これと同じ意味でB rather than Aという表現もあります。この場合は、
He is a journalist rather than a scholar.

となるのですが、違いは分かりますか?journalistとscholarの位置が先ほどの文とは反対になります。しかし日本語訳は同じです。書き換えの場合は、間違えないように気をつけなければなりません。

★not so much as 動詞「~さえしない」

She didn’t so much as say good-by to me.
=She didn’t even say good-by to me.
(彼女は私にさようならとさえ言わなかった)
一つ前の構文と形がものすごく似ているのですが、意味は異なります。この表現もおさえておくと強いです。

as many(much) as~「~もの」

  • As many as five thousand people came to his concert.
  • The trip cost me as much as fifty thousand yen.

数量が多いことを強調する表現です。数(数えられるもの)についてはas many as、量(数えられないもの)についてはas much asを使います。

他に数量以外にも使われることがあるので例文を紹介します。

  • She goes to the movies as often as five times a month. (頻度)
  • This bridge is as long as 4 kilometers. (長さ)
  • This tool was used as early as the 3rd century. (時間)
  • He went as far as the next town on foot. (距離)

このように、頻度、長さ、時間、距離の程度を表すことも可能です。色々なパターンを知って使えるようになりたいですね。

★as good as~「~も同然だ」

  • I bought this car from Jack. It’s as good as new.

「~も同然だ」という場合にはas good asという表現を使います。

★A as well as B「BだけでなくAも」

  • She is smart as well as beautiful.

この文も訳す時に注意が必要な文です。as well asの後ろの形容詞・副詞から訳すようにしてくださいね!同じ意味の書き換えとして、not only A but also B(AだけでなくBも)を使うこともできます。これは中学校でも習う熟語なので、知っている人も多いかもしれませんね。

  • She is not only beautiful but also smart.

意味は同じなのですが、この場合、beautifulとsmartの位置がas well asの場合とは逆になります。訳す順番に注意して使ってくださいね!

as~as構文を実際に使ってみよう!

たくさんの表現を紹介しましたが、似た表現が多く、まだピンとこない人もいると思います。ここでは、実際に会話文の中でas~asを使っていきます。意味を確認しながら読んでみてくださいね!
  • 女性

    Taylor Swift’s concert was amazing!
    テイラー・スウィフトのコンサートは最高だったね!

  • 外国人の女性

    Yeah, she is talented as well as beautiful.
    彼女は美人なだけじゃなくて才能があるわ

  • 女性

    Did you know as many as twenty thousand people come to her concert?
    2万人もの人がコンサートに来たって知ってた?

  • 外国人の女性

    Really? Wow, she’s a superstar!
    そうなの?彼女はスーパースターだね

  • 女性

    My sister says she loves Taylor’s lyrics.
    お姉ちゃんはテイラーの歌詞が好きだって言ってるわ

  • 外国人の女性

    I agree. She writes all her songs based on her own experience. She is not so much as a singer as a poet. Of course, her music is also amazing!
    同意見よ。自分の経験に基づいて歌詞を書いてるのよね。歌手というより詩人な感じがするわ。もちろん歌も最高だけど!

  • 女性

    Of course she is! And she looks like a model.
    もちろんよ!そして見た目もモデルみたいよね

  • 外国人の女性

    She is as tall as my brother. But she is many times as nice as he!
    お兄ちゃんの目、とても素敵じゃない!

  • 女性

    Yeah…but those are not as beautiful as hers.
    まあね。でもテイラーほどじゃないわ

いかがだったでしょうか?as~as構文はこのように英会話の中でも使える表現です。ややこしいとは思いますが、使えると会話の幅も広がります。英語は声に出して読むと上達が早いので、ぜひ音声に出して会話文を読んでみてくださいね!

as~asは使える表現!

会話文やフレーズでas~asの意味や使い方を紹介していきました。だいぶ明確になったでしょうか?この他にもビジネス英会話や仕事でのメールではもちろん、受験等の英語長文でも頻出する表現です。

苦手な人が多いからこそ、覚えると強いです。例文を使って覚えてしまうのが一番かと思いますので、この機会にぜひ意味をおさえてくださいね!

お役立ち英会話ブログ

Eng blog list

PR -今熱いオンライン英会話-

PR Online English School