食べ放題の英語は「バイキング」じゃない!

最終更新日:

バイキング

食べ放題は日本語で「バイキング」または「ビュッフェ」といいますね。英語では”buffet”または ”all you can eat”と言います。日本語の「ビュッフェ」は”buffet”はフランス語源の言葉です。
”all you can eat”は文字通り「全部食べていいよ」という意味です。では「バイキング」はどういう意味かといいますと
実はただ、最初に食べ放題を行ったお店の名前がバイキングだったというオチなんですね。”Viking”アイルランドの海賊の名前なので、英会話の中で使うと誤解を招くでしょう。これも和製英語のひとつなので英会話で使わないように注意しましょう。

”buffet”と”all you can eat”使い分けは?

日本語でも「バイキング」と「ビュッフェ」使い分けについて論争されることがありますが、英語で”buffet”と”all you can eat”基本的にアメリカ人は使い分けの意識はありませんのでおなじ意味で使っています。
ですが、厳密には意味に違いがあります。”buffet”はフランス語で立食、セルフサービスの食事という意味があります。ですから自分で盛り付けられた料理を取りに行って食べるスタイルは”buffet”、店員さんが運んできてくれる食べ放題のシステムは”all you can eat”という感じでしょうか。
ですがアメリカ人もはっきり違いをわからないまま使っているのであまり気にすることはないでしょう。

食べ放題の英語表現のバリエーション

「飲み放題」の言い方は?

日本では「飲み放題」は居酒屋の定番になっていますが、海外ではそこまでメジャーではありません。”all you can eat”のように”all you can drink”とも言えますが、ネイティブ的にはしっくりこない表現かもしれません。違う表現では“one price for all you can drink”のほうが耳さわりが良いでしょう。

また”bottomless drink”, “refill free”も飲み放題の意味で使えますが、お酒よりはジュースやコーヒーに使われる表現です。 ”bottomless drink”は底なしのドリンクと意味で制限無しということを表現していて、“refill”とはおかわりと言う意味で”free”をつけておかわり自由という意味になります。
“refill”は飲み物以外のおかわりの意味でも使えます。たとえばラーメンの替え玉がほしいときは”Can I have a noodle refill?”(替え玉をもらってもいいですか?)のようにあらゆる「おかわり」のシーンで使うことができます。

またアメリカにはパーティなどに行くと”open bar”というものがあるときがあります。それは無料で飲み放題のバーのことです。これを聞いたら酔いつぶれるまで無料で飲めるサインです。聞き逃さないようにしましょう。

  • 男性

    Can I have a refill for the margarita?
    (このマルガリータのおかわりをもらってもいいですか?)

  • 外国人の男性

    Sure. Can I have your glass?
    (わかりました。グラスをもらってもいいですか?)

  • 男性

    There you are. How much is it ?
    (どうぞ。いくらですか?)

  • 外国人の男性

    This is free.
    (無料ですよ)

  • 男性

    Is this ? Why?
    (これが?なんでですか?)

  • 外国人の男性

    Because this is an open bar.
    (これはオープンバーだからですよ。)

  • 男性

    That’s why I didn’t pay for my first drink! I thought that was a service.
    (だからさっきのドリンクのお金を払わなくてよかったんですね。サービスかと思ってました。)

食べ放題を使った表現

・どんな食べ放題?

アメリカで食べ放題で主流なものはお寿司や韓国風焼肉、朝食などがあります。
“all you can eat sushi”と後ろに食べるものをつけることにより「お寿司食べ放題」という表現になります。
韓国風焼肉食べ放題は“all you can eat Korean BBQ”またはKBBQという単語も使えます。「ケービービーキュー」と発音します。朝食は“all you can eat breakfast”か”breakfast buffet”とどちらでも表現できます。

どれくらいの時間の食べ放題?

どれくらいの時間食べ放題ができるかどうかはこのような文章で表現できます。
You can eat as much as you want within 2hours.(2時間で好きなだけ食べられます。)
“as much as you want”で「好きなだけ」という意味に、”within”+時間で「何時間以内」という意味なります。

どのくらいの値段の食べ放題?

食べ放題の値段を表すときはこのように表現します。
You can eat as much as you want for 3500 yen.(3500円で食べ放題です。)
All you can eat for 20 dollars.(20ドルで食べ放題です。)
The sushi restaurant is all you can eat for 1500 yen.(あのすし屋は1500円で食べ放題です。)

  • 女性

    Have you been in this Korean BBQ restaurant?
    (ここの韓国風焼肉の店行ったことある?)

  • 茶髪の男性

    Yes. They are all you can eat!
    (あるよ。ここ食べ放題だよ!)

  • 女性

    Wow! That sounds great! How long do I have time to eat?
    (わぁ!それはいいね!どれくらいの時間食べられるの?)

  • 茶髪の男性

    Yeah. You can eat as much as you want for 2 hours.
    (いいでしょ。2時間好きなだけ食べられるよ。)

  • 女性

    That is a fair amount. How much is it ?
    (それは十分な時間だね。いくらなの?)

  • 茶髪の男性

    Hmm Deal! I’ll get dinner there tonight!
    (ふむふむ。決めた!今夜はここで夕飯食べるよ!)

食べ放題のシーンで使える英語

ここでは食べ放題のレストランで使える英語をご紹介します。

店の予約の英語フレーズ

メール等で予約する場合。このフレーズの後に自分の名前と電話番号を足しましょう。
I would like to reserve a table for tonight 6pm for 2.(今日の6時に2人で予約をしたいです。)
Can I make reservation for 3 on March 15th. I want a non-smoking section. (3月15日に三人で禁煙席の予約を取りたいんですけど。)

電話の場合はまず、予約をしたいことを伝えましょう。

Hello Can I make a reservation ?(こんにちは、予約をしたいんです。)
そうしたら相手がひとつずつ質問してくれるので、落ち着いて答えましょう。

  • What day?(いつですか?)
    →On Tuesday.(火曜日です。)
  • What time?(何時ですか?)
    →At7:00pm(午後7時です。)
  • How many?(何人ですか?)
    →For 3 .(三人です。)

Can I have your name and phone number?(お名前と電話番号をお願いします。)
と言った具合です。他に追加でしてほしいことがある場合はここで付け足しましょう。

  • Is there outside table?
  • Is there a pet friendly table?
  • Is there any table with a view available?
  • Can you guys do a birthday surprise?
  • Is there gluten free food?
  • 少女

    Hello Can I make a reservation ?
    (こんにちは。予約をとってもいいですか?)

  • 外国人の男性

    Sure, What day?
    (いいですよ。何日ですか?)

  • 少女

    On Tuesday at 6 pm.
    (火曜日の午後6時です。)

  • 外国人の男性

    How many?
    (何人ですか?)

  • 少女

    For 4.
    (四人です。)

  • 外国人の男性

    Aw…unfortunately, there is no available on that day.
    (うーん。残念ながらこの日は空席がありません。)

  • 少女

    Okay, how about Wednesday?
    (わかりました。では水曜日はどうですか?)

  • 外国人の男性

    We have an available on that day.
    (この日なら空いてます。)

  • 少女

    Perfect! Is there gluten free menu?
    (よかったです!グルテンフリーメニューってありますか?)

  • 外国人の男性

    Yes, we can make all menu for gluten free.
    (はい。すべてのメニューがグルテンフリーに変更可能です。)

  • 少女

    Sounds great! Then see you on Wednesday.
    (いいですね!では水曜日に。)

満席だったら?

満席の場合は他の日時を確認しましょう。
  • How about next week?
  • How about lunch time?
  • What time is available on that day?

もしも空席がない場合でもきちんとお礼をいってから切りましょう。

  • That was helpful, thank you.
  • I see, thanks.
  • We will try next time. Thank you.

入店時に使うフレーズ

入店するとあいさつと共に、人数を聞かれます。

  • How many?(何人ですか?)
  • →Four(4人です。)
  • →Just me(私だけです。)
  • →We are two.(2人です。)

予約をしていたら名前と予約したことを伝えましょう。

  • I have a reservation as a name ○○.
  • We have a reservation under ○○.

満席だったら、待ち時間を聞きましょう。

  • How long do I need to wait?

店員さんから聞くかもしれないフレーズ

  • You can sit wherever you want.
  • This is self-service, you can make your own plate.
  • You have for 2 hours.
  • You have to finish first two plates, and then you can order other meals.
  • Please bring the bill to the casher.

*アメリカでは机でお勘定するのが普通です。ですがお客さんが勘定をレジまで持っていく場合にはこのフレーズを聞くことがあります。また外国人の方に日本のシステムを伝えるときにも使えます。

  • May I take your plate?
  • Are you done?
  • How is everything?

アメリカは1テーブルに1人ウェイトレスが付きます。食事の間に何度か確認をしにきてくれます。アメリカはチップ社会なので絶えずテーブルに来て話しかけられます。それはこのときに聞かれるフレーズです。他にもこのように質問されます。

  • Are you doing all right?
  • How is everything tasting?
  • Do you need anything?

基本的に返事は”I’m good thank you”で大丈夫です。
お勘定やお水などをそこで頼むことができます。”How~”と聞かれているときは、食事の感想を伝えましょう。 ここでは”How is everything?”の返事のバリエーションを紹介します。

  • The food is great!
  • It is delicious.
  • I really like this soup.
  • The salad is amazing.
  • 外国人の男性

    How is everything tasting?
    (食事はいかがですか?)

  • 中年女性

    It is great! This soup is my favorite.
    (おいしいです。このスープは私のお気に入りです。)

  • 外国人の男性

    I’m glad you liked! The soup is also my favorite.
    (それはうれしいです。そのスープは私もお気に入りなんです。)

  • 中年女性

    Ah I would have more water!
    (あ、もう少しお水もらっていいですか?)

  • 外国人の男性

    Sure, can I take your plate?
    (わかりました。このお皿下げてもいいですか?)

  • 中年女性

    Yes, please. If you can, can you bring a check when you are back?
    (はい。おねがいします。あ、もしできたら、戻ってくるときにお勘定をお願いしていいですか?)

  • 外国人の男性

    Of course! I’ll bring with water.
    (もちろん!お水と一緒に持ってきますね。)

「お腹いっぱい」を伝えるフレーズ

  • I’m full.
  • I’m so full.
  • I can’t eat anymore.(もう食べられない。)
  • There is no room anymore.
  • I can barely move.
  • I’m so satisfied.
  • I’ve had all I can eat.
  • There is always room for dessert!

お役立ち英会話ブログ

Eng blog list

PR -今熱いオンライン英会話-

PR Online English School