子供は英会話を何歳から学べばいいの?

最終更新日:

子供の成長に合わせて英語を学ばせるのが理想ですが、一般的に子供はどのようなタイミングで英語と触れ合い始めればいいでしょうか?

学ぶという感覚がないうちから英語を身近な環境にすることが大切!

小さい頃から英会話を習わせたほうが覚えが早い!とよく耳にしますが、赤ちゃんは日本語すらわからない状態で産まれてきて、なんで話せるようになるのか?

経験が何も無く耳から入る情報が全てだからです。子供は小さい頃に人格が出来上がります。よく言われるのが人格形成は3歳くらいには出来上がっているのです。「人格形成は3歳」??なんのこっちゃと思います。

具体的に言えば、脳が8割ほど成長するのが個人差はあるにしても3歳までと医学的にも証明されています。3歳で人生が決まってしまうのか??? 答えは「半分イエス」です。
当然、歳を重ねればいろいろな経験をしますので、人生が変わるというより、どんな性格になりやすいかが決まるが正しいです。

脳が成長中に英会話が周囲にあれば、当然INPUTされます。
汚い言葉を使う家庭で育った場合、子供は悪気なく自然とその言葉を使うのと同じです。「てめー」「お前」「馬鹿野郎」など、INPUTさせないためにも、言葉遣いには気を付けなくてはいけないのです。

3歳までに周囲の音が主に英語だったらどうなるでしょうか?

テレビやラジオ、会話など聞こえてくるものの多くに英会話が含まれていれば、当然INPUTされます。

「おはよう」ではなく「グッモーニン」と朝決まった時間に使えば、意識の中にこの時間になったらこの言葉を言えばいいんだと子供はルーティン(習慣)化します。 このように小さい頃から覚えさせることで、忘れにくく、英会話に対して抵抗なく自然と受け入れられるようになります。が、、、この場合、継続が何よりも大切ですので、3歳まで教えて満足してはいけません。

物心がついた時に続けられるかどうかです。とはいえ、3歳過ぎたって英語は覚えられる。

イングリッシュモンスターと呼ばれる人だって大人になってから始めたんだし。
「いろいろな経験」をする前に、英語の勉強を始めれば、より英会話も早く上達するでしょう。

年齢問わず大切なことは興味を持つことです。

これは英会話に限らずなんでもそうだと思います。産まれてまもない赤ちゃんは音しかありません。興味ではなくそれが世界だから覚えることができるのです。

小学校・中学校・高校と成長するにつれ、いろいろな体験・経験をします。その中で興味を持つことの一つに「英語」が入っているかいないかで、成長は全然変わります。興味あることを体験しているときは楽しくありませんか?

学校に通うようになると、友達やゲームなどたくさんの「楽しい」が、あります。
子供が「英語」面倒だなぁ。嫌いだな。などと意識してしまうと、たちまち成長は鈍くなります。

いかに楽しく身につく環境を作れるかが大切です。

具体的にどうすれば楽しく英語を学ばせることができるのか?

・アニメの映画を英語版で見させる。
小学校上がる前の子供は観察力の塊です。目で見て、耳で聞いたものを純粋に吸収します。もし、親であるあなたが、英語を話せなくても子供はアニメの動きなどから意味を自然に理解することができます。
・絵本を英語で読んできかせる。
寝る前など、ルーティンとして絵本を読んであげてください。これには親としても読めるようになってあげることが大切です。
・オンライン英会話など手軽なサービスを使ってキッズ英会話などを利用する
有料サービスではありますが、近年ではスマホやタブレットから受講できます。また、子供のためのキッズ専用の教材でありいろいろと工夫がされていて親子で楽しみながらレッスンを受講することができます。
・日常の中にある英語の意味をクイズにする。
駐車場にはPと書いてありますね。「さてPとは何でしょうか?」パーキング!!他にも動物園に行けば、動物の説明は英語表記されていますね。

英語漬けにしてしまい、日本語を話せなくなってしまった。そんな例外は置いときましょう。羨まし悩みですが、日本に住んでる限り、それは改善されるでしょう。

海外から引っ越してきた外国の子供がいたとします。子供は日本語の環境の中で学校に通います。若ければ若いほど。すぐに話せるようになってますよね。親は日本語が話せないまま。テレビのドキュメントなんかでよく見ますね。このように日本語であっても、子供であれば覚えてしまうのです。

親が子供に英会話ができるようになってほしい理由

  • 世界で活躍してほしい
  • これからの時代英語は話せて当然になる
  • 子供の将来の選択肢を広げるため

などが主な理由かと思います。
もし、子供が夢を持ったのなら、それを叶えるために「英会話」できることが重要だと教えてあげましょう。

「スポーツ選手になりたい」
世界で活躍できるようになるには英語を覚えないといけないといった流れを作る。

英語そのものに興味はなくても、先にある夢のための道筋を理解できるように説明してあげるのも親の役目ですから。

子供英会話対応のスクールはこちら

お役立ち英会話ブログ

Eng blog list

PR -今熱いオンライン英会話-

PR Online English School