ハロウィンで使える英語特集!

最終更新日:

10月末といえばハロウィン! ここ数年で日本でもすっかり若者の一大イベントとなったハロウィンですが、 その由来や起源はご存知でしょうか?

ハロウィンの起源、由来をご存知ですか?

その昔、古代ケルト人の儀式の一つに秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う厄払いの儀式がありました。 10/31は冬の始まりで、日本のお盆のように死者の霊が戻ってい来ると信じられていましたが、悪霊や魔女も一緒に出てくると考えられていました。 そこで、お化けのふりをして悪霊から身を守ったり、脅かして追い払うために仮面をかぶったことから仮装をする習慣が生まれたといわれています。 ケルト民族のこの儀式はのちにキリスト教と融合し、キリスト教の聖者の日『諸聖人の日』 All Hallows の前夜 All Hallows Eve が現在のハロウィンの行事となりました。

ハロウィンに欠かせない飾りつけジャコランタン、その由来は?

皆様ご存知、かぼちゃをくりぬいて作ったジャコランタン。 生前に悪さばかりしていたジャックという男が、悪魔までも騙して地獄に落ちない契約をしたため天国にも地獄にも行けずさまよっているときに持っていたランタンが由来とされています。 そんな物語から、ジャコランタンは魔除けに効果があるのだそうです。 海外ではこのジャコランタンが置いてある家に行けばお菓子がもらえるという意味があるのだそうです。

Trick or treat! お菓子をくれないといたずらするぞ!

Trick or treat!ってどういう意味?

ハロウィンといえばTrick or treat!といって仮装した子供たちが家々を訪ね、お菓子をもらう光景、をイメージする方が多いと思います。

これはヨーロッパの風習で、成仏できない霊のために、近所を回り、お菓子をもらって亡くなった人を供養するという古い風習があるのだそうです。

お菓子をもらわないと霊が悪さをすると考えられていたというところからこの文化が生まれたようです。

本場のハロウィンの過ごし方

本場のアメリカでは、子供も大人も仮装してハロウィンを楽しみます。
その日は、多くの学校では仮装して投稿することが許されているので、1か月前から衣装を作ったり準備する家庭が多いようです。
また、パーティを開く家も少なくありません。もし、ハロウィンパーティにお呼ばれしたら?
ハロウィンにちなんだ手土産を持っていくととても喜ばれます。

ハロウィンで役立つ英会話

では最後に、ハロウィンで使える例文です! ・I'll dress up for Halloween.
ハロウィンの仮装をするつもりです。

・Happy Halloween! Thanks for inviting me.
ハッピーハロウィン!招待してくれてありがとう。

・子供からTrick or treat!と言われた場合
子供:Trick or treat!
大人(お菓子を渡しながら):"Happy Halloween! Here is the candy."

・You look so cute!
かわいい仮装ですね!

・I dressed up as Minions.
ミニオンズの仮装をしています。

お役立ち英会話ブログ

Eng blog list

PR -今熱いオンライン英会話-

PR Online English School